ここは、各イライラ棒の登場時での色々なお初な事項を列記しております。
書かれていない項目や間違った項目があったら、
教えて頂ければ随時修正して行く予定です。(追加・更新箇所は太字)
(台湾版・テレ朝特番バージョンは除外)


1.爆裂電流イライラ棒
・番組開始第1回から登場
・制限時間30秒が設けられる
・難関にウッチャンヘアピンとナンチャンカーブが存在
2.スーパー電流イライラ棒
・制限時間が60秒に
・コースがウッチャンゾーンとナンチャンゾーンに分かれる
・ウッチャンゾーンを30秒以内にクリアしないとナンチャンゾーンに挑むことが出来ない
・休憩ゾーンが設置される
・タイマーのセンサーが休憩ゾーン前後に設置される
・3次元のコースとなるナンチャンカーブひねりが登場
・プロデューサー澤のつながりまゆげを模した難関がコース最後に
・3時間スペシャルでの芸能人チャレンジで報酬が300万円に
3.ウルトラ電流イライラ棒
・電動トラップが設置される(ウッチャン風車・ナンチャンプレス)
・(途中より)ゴールにタイマーのセンサーが設置される
・完全攻略された後、27時間チャレンジテレビで2人目の完全攻略が出る
・チャレンジタイトルの「出来たら」がひらがなの「できたら」に
4.ファイナル電流イライラ棒
・ウッチャンヘアピンが3次元カーブに
・ナンチャンゾーンの後にデンジャラスゾーンが存在
・つながりまゆげコーナーから発展しプロデューサー澤をモデルにしたイライラロボ
・完全攻略が3時間スペシャル内で出る(全シリーズ通して唯一・他はレギュラー回で陥落)
5.電流イライラ棒リターンズ
・前バージョンからの登場に空白期間があった
・ウッチャンヘアピンが電動トラップに
・イライラ棒が触れても爆発しない無敵状態が存在(ウッチャン無鉄砲クリアによる特典・ナンチャンゾーン突入後15秒間)
・チャレンジャーを乗せて上下に動くエレベーター
・(エレベーター存在の関係で)ウッチャンゾーンをクリアするとイライラ棒を持ち替える
・デンジャラスゾーンに2体のロボット(イライラロボ夫人・メカウンナンA)
6.爆裂電流イライラ棒USA
・イライラ棒自身が常時光っている
・ウッチャンゾーン・ナンチャンゾーンではなく前半コース・後半コース
・前半コースをクリアした後、時計は止まるが休憩ゾーンではなく、マンハッタントルネードを通らないといけない
・完全攻略者が出なかった
7.ライトセイバーイライラ棒
・タイアップもの
・1回限りの限定バージョン
・イライラ棒がライトセイバー型になり(男性は緑、女性はピンクに光る)、CGでスパークしながらの爆発に
・コーススタートにタイマーのセンサーが設置される

戻る
top